治療症例

隙間がある
(空隙歯列)

Case 1.

治療前

治療前

治療後

治療後
【主訴】
上顎正中の隙間
【治療内容】
上下顎前歯部を圧下して咬み合わせの深さを調整し、外側に傾斜している前歯歯軸を改善しつつ上顎前歯部の空隙を閉鎖しました。
【治療期間】
1年7カ月
【治療費】
65万円~95万円(税別) 
※治療費用は症状により異なります
【矯正治療のリスク・副作用について】
前歯の隙間は下顎前歯が上顎前歯と強く干渉することで起こっています。
圧下した下顎前歯に後戻りが起こると上顎前歯の空隙が再発することがあります。また、前歯の空隙は舌圧とも関係しています。 舌で上顎前歯を押す癖があり、空隙再発の原因になります。

Case 2.

治療前

治療前

治療後

治療後
【主訴】
口元の突出感・上下顎前歯部の隙間
【治療内容】
上下顎前歯部を内側に移動することで前歯の前突を改善しつつ、余っているスペースを閉鎖しました。
【治療期間】
1年9カ月
【治療費】
65万円~95万円(税別) 
※治療費用は症状により異なります
【矯正治療のリスク・副作用について】
上下前歯の空隙は舌圧と関係しています。
矯正治療後に舌で前歯を押すと空隙が再発することがあります。
また、上下前歯を舌側に移動してスペースを閉鎖してため、舌が窮屈に感じる場合があります。

Case 3.

治療前

治療前

治療後

治療後
【主訴】
上顎前歯部の正中に隙間がある・前歯部の咬み合わせが深い
【治療内容】
上顎の部分矯正を希望されたため、上顎前歯を圧下しつつ正中の空隙を閉鎖しました。
【治療期間】
6カ月
【治療費】
65万円(税別)
※治療費用は症状により異なります
【矯正治療のリスク・副作用について】
部分矯正で歯並びを改善した場合、すべての歯を移動できないため、限界があり理想的な咬合にはなりません。
食べ物を咀嚼しにくい等の問題が残る場合があります。