治療症例

隙間がある
(空隙歯列)

Case 1.

治療前

治療前

治療後

治療後

上顎正中の隙間を主訴に来院された患者様。上下顎前歯部を圧下して咬み合わせの深さを調整し、外側に傾斜している前歯歯軸を改善しつつ上顎前歯部の空隙を閉鎖しました。
治療期間は1年7ヶ月。

Case 2.

治療前

治療前

治療後

治療後

口元の突出感と上下顎前歯部の隙間を主訴に来院された患者様。上下顎前歯部を内側に移動することで前歯の前突を改善しつつ余っているスペースを閉鎖しました。
治療期間は1年9ヶ月。

Case 3.

治療前

治療前

治療後

治療後

上顎前歯部の正中に隙間があり、前歯部の咬み合わせが深いことが主訴の患者様。
上顎の部分矯正を希望されたため、上顎前歯を圧下しつつ正中の空隙を閉鎖しました。
治療期間は6ヶ月