治療症例

歯がデコボコ
(叢生・八重歯)

Case 1.

治療前

治療前

治療後

治療後

上下顎歯列の凸凹が主訴の患者様。上下顎の歯並びを側方に拡大することで、歯が並ぶスペースを獲得し凸凹を解消しました。
治療期間は1年7ヶ月。

Case 2.

治療前

治療前

治療後

治療後

上下顎歯列の凸凹と口元の突出感が主訴の患者様。上下顎の歯列幅を側方に拡大し、さらに前歯の前突を改善するために上下顎の歯の形態修正を行い歯並びの凸凹を解消しました。下顎前歯は内側に倒れていたのでわずかに外側に傾斜させて排列しました。
治療期間は1年10ヶ月。

Case 3.

治療前

治療前

治療後

治療後

上下顎歯列の凸凹が主訴の患者様。著しくスペースが不足しているため、上下顎歯並びの側方拡大と上下顎前歯を前方に傾斜させ、さらに大臼歯を後方に移動することで歯を排列するスペースを獲得しました。加速矯正装置を併用しました。
治療期間は1年1ヶ月。

Case 4. 抜歯症例

治療前

治療前

治療後

治療後

上顎前歯の外側への傾斜がみられ、口元の突出感と上下顎前歯部の凸凹が主訴の患者様。口元の突出感を改善するために、上下顎第1小臼歯を4本抜歯したスペースを利用して上下顎前歯を内側に移動しつつ凸凹を改善しました。
治療期間は2年11ヶ月