治療症例

上の歯が出ている
(出っ歯・下あごが後退)

Case 1.

治療前

治療前

治療後

治療後

上顎前歯が外側に傾斜して前突し、前歯の咬み合わせが深いことが主訴の患者様。
上顎左右臼歯を後方に移動することで前歯を内側に入れるスペースをつくり、過蓋咬合は上下顎ともに前歯を垂直的に圧下し、咬み合わせの深さを改善しました。
治療期間は2年10ヶ月。

Case 2.

治療前

治療前

治療後

治療後

上顎前歯の前突と上下顎歯列の凸凹が主訴の患者様。右側臼歯部の咬み合わせにズレがあり、そのズレが原因で上顎前歯の前突が起こっているため、矯正用インプラントを用い右側臼歯部のズレを改善して排列しました。
治療期間は1年10ヶ月。

Case 3.

治療前

治療前

治療後

治療後

上顎前歯部の前突が主訴の患者様。上顎前歯の前突と歯並びの凸凹を改善するために、上顎左右第1小臼歯を抜歯して上顎前歯を内側に移動しました。上顎前歯部の移動量をできるだけ大きくするために上顎には矯正用インプラントを用いました。
治療期間は2年8ヶ月。

Case 4. 抜歯症例

治療前

治療前

治療後

治療後

上顎前歯部の前突と歯列の凸凹が主訴の小学生の患者様。口元の突出感を改善するために上顎左右第1小臼歯を抜歯し、外側に傾斜している前歯の角度を調整しながら凸凹を改善しました。
治療期間は2年0ヶ月。