こどものマウスピース型矯正装置

マウスピース型矯正装置
(インビザライン・ファースト)

アメリカやヨーロッパでは先行してこどものマウスピース型矯正治療をおこなっていたのですが、 2018年の夏から日本でも使用が開始され、当院でももちろん対応が可能です。

成長期のこどもの矯正治療(第1期治療)では、顎骨の成長を利用することで上顎と下顎の前後的な位置関係の改善を図ったり、顎骨の成長を誘導し永久歯が生え替わるためのスペースを作ることをおこないます。このような処置は顎の骨が成長する時期にしかおこなうことができないため、対応できる時期が限られています。
通常の矯正治療ではワイヤーを用いたマルチブラケット装置だけでなく、拡大床矯正装置、顎外装置など様々な装置を併用して治療を進めていました。

こどものマウスピース型矯正装置を用いた治療でもそれ以外の装置を使用することはありますが、ワイヤーを用いることなく取り外し可能なマウスピース型装置でお子さまの第1期治療を対応が出来るようになりました。
装置が目立つことを気にして矯正治療を始めることが出来なかったお子さまでも、ワイヤーを用いることなく治療を進めることが出来ます。

矯正治療は早期に治療を開始することが必ずしも望ましい訳ではありません。患者様個々の状態に応じた治療方針がありますし、最適なタイミングを逃したとしてもその時期に応じた治療方法がありますので、時期を逃すと治療ができないということはありません。
しかし、成長を利用して矯正治療を進める必要がある場合には成長期が過ぎてしまうと顎骨の前後的な不調和を改善することは難しくなります。

お子さまの歯並びの状態を気にされている場合には、どのような治療が必要になるのかを矯正医に相談されることをお勧め致します。