治療症例

下の歯/顎が出ている
(反対咬合・上あごの劣成長)

Case 1.

治療前

治療前

治療後

治療後

上顎前歯部の凸凹と反対咬合が主訴の患者様。前歯部の反対咬合を改善するために上顎前歯部を前方に拡大し、広がったスペースを利用して歯並びの凸凹を改善しました。
治療期間は8ヶ月。

Case 2.

治療前

治療前

治療後

治療後

下の顎が出ている骨格で、下顎前歯部が内側に倒れて凸凹になっているのが主訴の患者様。
右下前歯を1本抜歯したスペースを利用して歯並びの凸凹を改善しました。
上顎前歯も外側に傾斜していたため、傾斜した歯軸を改善して口元の状態を整えました。
治療期間は2年1ヶ月。

Case 3.

治療前

治療前

治療後

治療後

前歯部が反対咬合で上顎前歯部に凸凹があり、上下顎前歯部が外側に倒れて口元の突出感が主訴の患者様。
口元の突出感も含めて改善するために、上下顎小臼歯部を抜歯して凸凹を改善しつつ上下顎前歯部を内側に移動し反対咬合を改善しました。
治療期間は2年6ヶ月。

Case 4. 抜歯症例

治療前

治療前

治療後

治療後

前歯部の反対咬合と歯列の凸凹が主訴の患者様。上下顎第1小臼歯4本を抜歯して歯並びを改善しました。
インビザラインを開始する前にワイヤー装置による治療を8ヶ月行い、その後インビザランに移行しました。
治療期間は2年9ヶ月