治療症例

下の歯が見えない
(過蓋咬合)

Case 1.

治療前

治療前

治療後

治療後

下顎前歯部が上顎前歯部を突き上げ、上顎歯列に隙間が空いていることが主訴の患者様。
上下顎前歯を圧下し過蓋咬合を改善後に、上顎の空隙を閉鎖しました。
治療期間は8ヶ月。

Case 2.

治療前

治療前

治療後

治療後

上顎前歯部の前突と凸凹、下の前歯が見えないことを主訴に来院された小学生の患者様。
臼歯部のズレを改善する装置を4ヶ月使用した後に、インビザラインに移行しました。
インビザラインの治療期間は1年1ヶ月。

Case 3.

治療前

治療前

治療後

治療後

上下前歯の凸凹と下の前歯が見えないことが主訴の患者様。上下顎前歯が舌側に傾斜して叢生を呈していたので、唇側に拡大してスペースを確保しながら叢生を改善しつつ、上下顎前歯を圧下して過蓋咬合を改善しました。
治療期間は1年6カ月。

Case 4.

治療前

治療前

治療後

治療後

上顎前歯部の前突と上下顎の凸凹が主訴の患者様。臼歯部のズレを改善する装置を7ヶ月使用した後にインビザラインに移行しました。 インビザラインでは、上下顎歯列を拡大して歯を排列するスペースを獲得し、前歯部の咬み合わせの深さは上下顎前歯を圧下して浅くなるように調整しました。
治療期間は2年4ヶ月。