治療症例

下の歯が見えない
(過蓋咬合)

Case 1.

治療前

治療前

治療後

治療後
【主訴】
上顎歯列に隙間が空いている
【治療内容】
上下顎前歯を圧下し過蓋咬合を改善後、上顎の空隙を閉鎖しました。
【治療期間】
8カ月
【治療費】
65万円~95万円(税別) 
※治療費用は症状により異なります
【矯正治療のリスク・副作用について】
垂直的に上下前歯を移動して前歯の咬み合わせを改善しています。
垂直的な移動は保定が難しく、過蓋咬合が再発する可能性があります。

Case 2.

治療前

治療前

治療後

治療後
【主訴】
上顎前歯部の前突と凸凹・下の歯が見えない
【治療内容】
臼歯部のズレを改善する装置(カリエール ディスタライザー)を4カ月使用した後に、インビザラインに移行しました。
【治療期間】
1年1カ月(インビザラインの使用期間)
【治療費】
65万円~95万円(税別) 
※治療費用は症状により異なります
【矯正治療のリスク・副作用について】
垂直的に咬み合わせが深く、それを改善するために歯を垂直的に移動しています。 保定期間は長期間必要で、保定を行っても後戻りする場合があります。 カリエールディスタライザーは患者様の協力が必要な装置で、歯科医師の指示通りに装置を使用しない場合は予定通りに歯が移動しない場合があります。

Case 3.

治療前

治療前

治療後

治療後
【主訴】
上下顎前歯の凸凹・下の前歯が見えない
【治療内容】
上下顎前歯が舌側に傾斜して叢生を呈していたので、唇側に拡大してスペースを確保しながら叢生を改善しつつ、上下顎前歯を圧下して過蓋咬合を改善しました。
【治療期間】
1年6カ月
【治療費】
65万円~95万円(税別) 
※治療費用は症状により異なります
【矯正治療のリスク・副作用について】
前歯が著しく傾斜しており、傾斜の改善の際に移動量が大きいため、歯根吸収があこる可能性があります。
また、前歯が傾斜することで正確な顎位がとれていない可能性があり、矯正治療が進むに従い、顎の位置が変化し違和感を感じる場合があります。

Case 4.

治療前

治療前

治療後

治療後
【主訴】
上下顎歯並びの凸凹・上顎前歯部の前突
【治療内容】
臼歯部のズレを改善する装置(カリエール ディスタライザー)を7カ月使用した後にインビザラインに移行しました。 インビザラインでは、上下顎歯列を拡大して歯を排列するスペースを獲得し、前歯部の咬み合わせの深さは上下顎前歯を圧下して浅くなるように調整しました。
【治療期間】
2年4カ月
【治療費】
65万円~95万円(税別) 
※治療費用は症状により異なります
【矯正治療のリスク・副作用について】
歯を抜歯せずに上顎前歯の前突感を改善しています。
前歯の移動量が抜歯治療に比べると小さいため、口元の変化量が、患者様本人が想定していたよりも小さくなる場合があります。
また、カリエールディスタライザーは患者様がゴムをご自身で掛けて使って頂く装置です。患者様の協力がなければ予定通りの位置に歯は移動できません。