こどもの矯正治療

“乳歯のときはキレイな歯並びだったのに、永久歯はガタガタで生えてきたみたい…
こどもの矯正治療はいつ頃から始めれば良いのかな?”
このような声をよくお聞きします。

こどものうちに矯正治療をおこなうメリットがあります

  • 1.歯を抜かない治療ができる

    歯並びのガタガタは、歯の大きさが、歯の埋まっている土台の骨の大きさと合っていない時に起こります。成長期のお子様は、骨の成長を手助けして土台を大きくすることにより、後に永久歯が生えてきた時に、歯を抜かずにキレイに並べられる可能性を高める事ができます。
    子供のうちに土台を大きくする治療をしておくことで、後の矯正治療の難易度を格段に下げる事ができ、またうまくいけば子供のうちに治療を終了できることもあるのです。
    これは成長が終了した成人ではできない治療です。

  • 2.骨の成長を利用して横顔の見た目を綺麗にできる

    矯正治療で問題となるのは、歯の凸凹だけではありません。極端な出っ歯や、受け口といった不正咬合の原因は、上下の骨の大きさのバランスに問題がある事が多いのです。
    大人の矯正治療の場合、これらを治療する場合には、歯を前に倒したり、後ろに倒したりすることでかみ合わせを作っていく事となります。
    しかしこの場合、かみ合わせを整える事はできても骨の位置が変わらないため、下顎が出ているとか、逆に引っ込んでいるといった横顔の見た目をキレイにすることはできません。
    もし、横顔の見た目を変えたい場合には、顎を切る外科手術を矯正治療と組み合わせる事となり、身体的な負担はとても大きくなります。
    子供の矯正治療の場合、上顎、または下顎の成長をコントロールすることにより、理想的な上下の顎のバランスに近づけることが可能となります。
    このことにより、大人になってからの矯正治療の難易度を格段に下げ、また成長を利用した治療をおこなわなかった場合よりも、横顔のバランスをずっとキレイにする事ができます。

  • 3.歯の動きが速い

    成長途中の骨は成人よりも柔らかいため、歯にかかる力も弱くてすみ、また歯の移動も早く治療期間を短縮できる可能性が高いです。したがって矯正治療の偶発症である歯肉退縮や歯根吸収のリスクも低くなります。

  • 4.キレイな歯並びでいられる時間が長くなる

    成長途中のお子様は非常に繊細です。歯並びにコンプレックスを感じる事で、内向的な性格を形成してしまう可能性もあります。
    子供のうちから矯正治療をおこない、コンプレックスを解消する事で、成長途中のお子様にポジティブで発展性のある外向きの性格を与えられる可能性が高まります。
    矯正治療をおこなうのであれば、早いうちから初めて、人格形成に大きな影響を与える思春期前、もしくは思春期のうちにキレイな歯並びを作る事が理想的です。
    また、歯並びをキレイにすることで清掃性を良くし、虫歯や歯周病のリスクを小さくする事ができます。矯正治療を早くおこなう事で、1本でも虫歯を少なくできるかもしれません。
    一生をともに過ごしていく自分の歯並びです。少しでも虫歯を少なくして、少しでも長い間キレイな歯並びでいる時間を長くしたいとは思いませんか?

  • 5.若いうちから歯に関心を与える事ができる

    お子様の自分の歯に対する意識は、基本的に高くありません。大人になってから初めて、もっとキレイにしておけば良かった、と後悔する事がほとんどです。
    子供のうちに矯正治療をおこなう事で、早くから自分の歯に関心を向ける事ができます。
    歯が動いていく様子が気になり、イヤでも自分の歯を確認する事になるからです。
    自分の歯に関心を持つことで、口腔衛生環境をより良くすることにもつながります。

こどもの矯正治療には大きく分けて2つの段階があります

  • 第1期治療 / 初期治療
    6-9歳:骨格の成長を利用し歯の生えかわりのコントロールをおこなう治療

    乳歯と永久歯が混在するこの時期の歯並びは、将来的な歯並びや噛み合わせを大きく左右する極めて重要な時期です。
    上顎と下顎の正しい成長を促し、永久歯が適切な位置に生えてくるよう土台を作ることを目的としています。
    顔の骨格の成長を利用して永久歯が生えるスペースを確保させたり上顎と下顎の成長方向を誘導するなど、一人一人のお子様の成長に合わせた治療をおこない、今後の歯並びをコントロールしていきます。
    この時期から治療をおこなうことで、永久歯が生え揃った後の治療がスムーズになります。
    抜歯をしないで治療できる可能性が広がり、治療後に再度歯並びが乱れる後戻りが起こる可能性が少ないなど、多くのメリットがあります。

  • 第2期治療 / 仕上げの治療
    10-13歳:きれいな歯並びと正しい咬み合わせに仕上げる治療

    全ての歯が永久歯に生え替わり永久歯列になるこの時期は、思春期性成長という大規模な骨格の成長があります。この思春期性成長を積極的に顎の成長を誘導することで、より理想的な歯並びに仕上げることが容易になります。
    その為、この時期は矯正治療にとても適した時期です。
    歯の生え替わりが完了し永久歯列になると、本格的に歯を移動させ歯並びを完成させる治療をおこないます。

歯の生えかわりが矯正治療を開始するのに適した状態になるまでは「成長観察」をおこないます。
この成長観察は定期的にご来院頂き、生えかわりの様子を観察しつつ、
成長予測をおこなうための資料採取や歯磨き指導をおこないます。

また、当院では「プレオルソ」というマウスピース式装置を用いることで歯並びの改善を図り、後の矯正治療の治療期間を短くするだけでなく、抜歯をするかどうか等の選択肢を広げるようにしております。

プレオルソ -こども歯ならび矯正法-

プレオルソは永久歯列に生えかわる前(混合歯列期)に使用し、
歯並びだけでなく口周りの筋肉の機能を改善する訓練を同時におこなうことができます。

プレオルソ
5つの効果

  • 歯並びの改善
  • 咬み合わせの改善
  • 口呼吸から鼻呼吸へ
  • お口ポカンの改善
  • 正しい発音・飲み込み

6つの特徴

プレオルソ
  • 家にいるとき(2・3時間)」と「寝ているとき」に装着します。
  • 柔らかい素材を使用していますので、装着時の痛みがほとんどなく、壊れることがありません。
  • 最適なデザインのプリフォームタイプで、歯型を採る必要がありません。
  • いつでも容易に取り外しができ、口腔内を清潔に保つことができます。
  • 歯列を取り巻く口腔周囲筋の機能を改善することができます。
  • マウスピース式装置には3つのタイプがあり、上の前歯の前突・受け口・歯並びの凸凹など様々な状態の改善を図ることができます。
    プレオルソ マウスピース式矯正装置