近赤外線を併用した治療

近赤外線による光矯正補助装置

近赤外線による光矯正補助装置

近赤外線を組織に照射する事により、矯正治療中に顎骨内の細胞の活性化を促す装置です。矯正治療における歯の動きは、歯根周囲の細胞が重要な役割を果たしていて、この付近の細胞を活性化させることで歯の移動を活発化させることができます。 この技術はフォトバイオモジュレーションと呼ばれ主に医療分野で骨治癒促進や疼痛緩和を目的として臨床応用されているものです。

マウスピース矯正治療に光矯正補助装置を併用すると
最短3日でマウスピースを交換することができます

(例)マウスピース60ピースを使用した場合の治療期間

  • マウスピースのみ

    60ピース× 7日交換
    420
    (約1年2か月)

  • マウスピース+光矯正補助装置

    60ピース× 3交換
    180
    (約6か月)

光矯正補助装置のメリット

  • 歯の移動を促進させます
  • 疼痛の緩和が期待できます

※光矯正補助装置を用いることで治療の正確性が上がったり仕上がりがキレイになる等の効果はありません。
現在、日本では薬事承認されておらず医療機器としては認められておりません。薬機法未承認の矯正歯科装置であり、医薬品副作用被害救済制度の対象外となる場合があります。
しかしながらアメリカ食品医薬局(FDA)の認可を取得しており、アメリカ・カナダ・ヨーロッパ・オーストラリアなど世界各国で医療機器としての安全性と効果が認められております。
当院では、カナダのBiolux社より個人輸入したものを歯科医師と患者様の同意のもとで使用しております。

無料矯正相談のご案内

当院では、矯正治療に興味をお持ちの方や、治療をご検討中の皆様に無料カウンセリングをおこなっております。
光学3Dスキャナーによる簡易シュミレーションを用いて、その場で「矯正治療後の未来の歯並びのイメージ」を再現しご覧いただけます。
実際に治療にかかるお見積りや治療方針、スケジュールなどのご説明もいたします。 お気軽にご予約ください。

9:00~12:00
13:00~20:00
14:00~18:00

休診日:木・日・祝祭日/毎月第一月曜日
日曜診療:毎月第一日曜日