Dr.ブログ

歯医者仲間の治療はプレッシャーが半端じゃないです

ここに来て寒さが厳しくなったせいかインフルエンザが流行っていますね。うちの子供の学校でも学級閉鎖になっているクラスもあり、油断すると誰かがウイルスをもらってきそうで戦々恐々です。
こういうときはなるべく人混みを避け、マスクをし、あとはうがいと手洗いですかね。
皆さまもウイルスに気をつけてお過ごしください。

寒い日が続きインフルが流行ったりすると、矯正治療を今から始めようと思っている気持ちに水を差されるんじゃないかとなんとなく不安な気持ちになります。
そんな中、年末から立て続けに私の歯医者仲間やそのご家族、歯科医院のスタッフさんに矯正治療を希望して来院して頂いています。同じ歯科関係の仲間から治療を希望して頂くというのは名誉なことなので嬉しいです。その反面、同業者の要求水準を満たさねばならないというプレッシャーにさらされます。その条件の中でもしっかりと結果を出せるプロフェッショナルになりたいものですね。

さて、1月に入って新年最初の私の患者様は大学病院時代にお世話になり、今は仙台駅前で開業されている先輩のお嬢様の治療開始の検査でしたし、昨日も泉区で開業している歯医者の友人がご家族で医院にきてくださり、お嬢さんの治療を希望して下さいました。父親は歯医者で奥様は衛生士という筋金入りの歯科業界の一家だけに、矯正治療にも並々ならず気持ちで来て頂いたようです。御両親の2人も子どもの頃に矯正治療の受診歴があり、自分たちの経験を踏まえそろそろ治療を開始するタイミングだということで満を持して私の所にお越し頂きました。

もちろん私の医院を選んで下さったのは嬉しいのですがプレッシャーが半端じゃないです。まだ小学生のお子さまで歯の生え替わりも進んでいませんし、最初は状況を確認して治療はもう少し先でも良いのではないかと話していたのですが、なるべく早く改善を図って欲しいという無言のプレッシャーに押され、気がついたら取りあえず検査をして治療方針を検討しようという流れになっていました。決して友人のお嬢さんの診療をしたくないという訳ではないのですが、同業者の治療ってお互いに気を遣うんですよね。
お嬢さんはインビザラインで治療をして欲しいと希望していて、お土産に持ってきて頂いたお菓子も食べてしまったのでもう嫌とは言えません。とにかく自分を奮い立たせ、患者さんのモチベーションを高め、そしてスタッフに協力してもらいながら治療を進めるしかないです。

つい先日新年を迎えたとおもったらもう1月も下旬になりました。時間の経つのは本当に早いものですね。ぼやぼやしているとあっという間に時間は過ぎていくので、今年も自分の目標に向かいつつ楽しい気持ちで診療を行いたいと思います。

無料矯正相談のご案内

当院では、矯正治療に興味をお持ちの方や、治療をご検討中の皆様に無料カウンセリングをおこなっております。
光学3Dスキャナーによる簡易シュミレーションを用いて、その場で「矯正治療後の未来の歯並びのイメージ」を再現しご覧いただけます。
実際に治療にかかるお見積りや治療方針、スケジュールなどのご説明もいたします。 お気軽にご予約ください。

9:00~12:00
13:00~20:00
14:00~18:00

休診日:木・日・祝祭日/毎月第一月曜日
日曜診療:毎月第一日曜日