Dr.ブログ

インプラント矯正

昨日、仙台インプラント矯正研究会という研究会があり参加してきました。
毎日の診療で私もインプラントを用いていますが、使用方法はドクター間で異なることもあり情報交換もでき有意義が時間を過ごすことができました。

インプラント矯正というのは簡単にいうとインプラントを用いた矯正治療なのですが、言葉は聞いたことがあっても実際にはインプラント矯正とはどのようなものかよく分からないという方も多いのではないでしょうか。
そこで、今回はインプラント矯正について説明したいと思います。

まずは、矯正治療にインプラントを利用する目的を説明する必要があると思います。
矯正治療は基本的に歯と歯の押し合い、または引っ張り合いで歯が移動します。
そのため、歯は単独で動くわけではなく力が加わったすべての歯が移動し、動かしたい歯を単独で動かすことはできません。

簡単な例として、前突した前歯を内側に移動して出っ歯を改善する場合を考えてみたいと思います。
出っ歯を治療するためには前歯と奥歯の中間の歯を抜歯して、奥歯と前歯の引っ張り合いで治療は進んでいきますが、このとき前歯が内側に移動するのと同時に奥歯は必ず前方に移動します。
前歯を内側に移動するのが治療の目標なので、奥歯の前方への移動はなるべく抑える必要があります。
矯正治療では動かしたい歯を希望する場所に移動する際には、移動したい歯(前歯)の支えになる部分(奥歯)がどのくらい動くのかを計算しないと良好な結果は得られません。
奥歯が前方に移動しすぎると予定していた前歯の移動量を確保できなくなり、良好な治療結果が得られなくなります。
このように、矯正治療では望ましくない歯の移動(奥歯の前方移動)をどのように抑えるかということが非常に重要です。

従来の矯正治療では、目的とした歯の移動を行うにはその反作用をいかに抑制するかということを計算して治療を進める必要がありましたが、インプラントを用いるとこの概念が一転します。
インプラントは骨に埋め込まれており強固に固定されているため矯正力を受け止める支点としての役割を果たすことができます。
先ほどの出っ歯の治療の場合、前歯と奥歯の引っ張り合いではなく前歯とインプラントの引っ張り合いで治療を行うとができます。
この場合、奥歯の前方移動を考慮する必要がなくなり単純な治療で治療のゴールを達成することが可能になります。

このようにインプラント矯正ではのぞましくない歯の移動を抑制することができ、従来の矯正治療では治療が困難だった症例も対応することができるようになり、矯正治療の幅が大きく広がりました。

次回は更にインプラント矯正詳細を説明したいと思います。

無料矯正相談のご案内

当院では、矯正治療に興味をお持ちの方や、治療をご検討中の皆様に無料カウンセリングをおこなっております。
光学3Dスキャナーによる簡易シュミレーションを用いて、その場で「矯正治療後の未来の歯並びのイメージ」を再現しご覧いただけます。
実際に治療にかかるお見積りや治療方針、スケジュールなどのご説明もいたします。 お気軽にご予約ください。

9:00~12:00
13:00~20:00
14:00~18:00

休診日:木・日・祝祭日/毎月第一月曜日
日曜診療:毎月第一日曜日